ケルゼン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数343
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法哲学・科目試験で持込可の場合、本稿をご利用して頂ければAが取れます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一 序論
     ハンス・ケルゼンは純粋法学たる法理論を構築した。ケルゼンの法理論は如何に考えられるか。純粋法学の理論的背景である方法二元論と価値相対主義について、またこれらの考え方と密接に関係する自然法論・イデオロギー批判、民主主義擁護、及び法段階説について論じる。
    二 本論
     まず、純粋法学は、存在と当為とを峻別する方法二元論を採用する。即ち、事実を認識するには、時間・空間の内で生起する自然的事実を「因果関係」という枠組みに当てはめて考える方法と、同じ自然的事実を「当為」という枠組みに当てはめて意味づける方法があると考える。
     次に、純粋法学は価値相対主義を採り、価値判断に相対性を認める。即ち、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。