Z1102 教育原論(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数125
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学発達経済社会倫理心理教育学学校文化

    代表キーワード

    教育原論Z1102

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
                    序
    「人間は決して、すでに出来上がった人間として生まれてくるのではなく、教育によって子供ははじめて人間となるのであり、したがって教育こそ、人間としての発達に必須条件だ」とランゲフェルドは述べている。また、大人が責任を持って子供を教育しなければいけないことを言っている。
     人間の成長、発達の理解なしに教育は成り立たない。教育を実践するにあたって、その目的は教育学に、方法は教育心理学に学ぶべきとよく言われる。それは教育に対して教育学が教育的価値の追求に重きをおくのに対して、教育心理学はより人間的基礎に重点を置く科学であるからである。その中で、発達、成長については発達心理学領域で問題の究明を目指している。
     発達の一般的な傾向とともに、教える側が何をどのように教育するのかについて、生涯を通して大きな指標となるのが発達段階と発達課題の考え方である。人間の発達は連続的、継続的に進行していくものであるが、特定の年齢時期は他の年齢時期とは異なる特徴を持っているものである。これを発達段階という。そして、人間が健全で幸福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。