法学(市民法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数503
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    いわゆる「近代市民法」について論じなさい。
    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学
    設問:いわゆる「近代市民法」について論じなさい。

    )近代市民法は、すべての者が対等であり、いかなる契約も自由であったため、資本主義社会に適
    合的な法である
    が、
    資本主義経済の発展に伴って修正された経緯がある。そこで、近代市民法の前提
    とした原則及びその社会法的修正の経過について検討する。
    2)
    19
    世紀の隆盛した法実証主義は、
    実定法の自足完結性の法的世界観に立ち、
    自然法などの実定法
    以外の規範を法的対象から排除する立場である。これは経済活動の予測可能性や権力の恣意的発動の
    抑止を可能とする実定法が要請される安定期の近代社会の要請に応えるものであった。
     このな社会をにして
    1804
    された民法は、
    近代市民法の範といえるも
    のであり、
    以を原則としていた。
    の原則
     自ある以自由かつ的に、、をとい則である。市民
    の資本会である近代市民社会では、ののである権の原則
    が、資本主義と自由主義市民社会の発展にた。
    約自由の原則
     契約の原則として契約者の自由意、はこれにしな
    いという
    ものであり
    、のや社会の発展に
    した

    原則
     とっての権してをた
    場合に
    すべての場合に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。