中央大学法学部 通信課程【法学】「近代市民法(近代市民社会法)の修正について」2019年度第2課題 合格レポート

閲覧数378
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    中央大学法学部 通信課程
    【法学】2019年度 第2課題 合格レポート

    <問題> 
    近代市民法(近代市民社会法)の修正について具体例を挙げて述べなさい。
    (2,000字程度)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【法学】 2019年度 第2課題 合格レポート
    <問題>
    近代市民法(近代市民社会法)の修正について具体例を挙げて述べなさい。
    (2,000 字程度)

    このまま提出せず、
    あくまで参考とするに留めてください。

    参考文献は、
    必ずご自分で読んで確認してください。
    1.近代市民法とは
    封建社会から解放された近代社会の根本理念は「自由」と「平等」であり、経済的基盤
    は近代資本主義の経済システムである。人が商品の等価交換を中心とする自由な経済活動
    の中で自己の最大限の利益追求が可能な資本主義社会では、自らの意思のみに基づいて権
    利義務を形成することができる。この社会の基本的枠組みを整備・保障する機能を担うの
    が近代市民法である。
    2.近代市民法の三原則
    近代市民法の根底には、私人間の法律関係は個々人の自由な意思によって形成されねば
    ならないという「私的自治の原理」がある。そのうえで、以下の三原則が近代市民法の柱
    となった。
    (1) 所有権絶対の原則
    個人が自由な意思で平等な地位において手に入れた財産権は何人によっても侵害されな
    い、という原則を、所有権絶対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。