聖徳大学「教育基礎論」第1課題第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数306
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題第1設題
    学校教育におけるよりよい保障とは何か
    私たちは「教育」といえば「学校教育」を連想し、子どもの教育のすべての責任を学校が担っているというような錯覚を起こしてしまいがちである。しかし、学校教育は万能ではなく、教育の本質でもない。教育は本来、学校や家庭、地域等で機能分担をして行われるべき多元的なものである。したがって、学校は限定保障の論理に立ち、限定した内容を確実に保障するという考え方が重要となる。しかし、よい教師とは何かという問題や教師の使命感・教育愛について考える場合は無意識に制約のない無限保障の論理に立っているといえる。学校は今後、どのような保障をしていくべき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。