教育基礎論【A評価】/聖徳大学通信教育部「教育基礎論」第2課題第1設題

閲覧数3,888
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    【A評価】教育基礎論/聖徳大学通信教育部「教育基礎論」第2課題第1設題『「学習指導所」のテーマⅥ~XIIに記載されている「学習課題」の中から、1課題を選び、リポートを作成すること。』の課題から、テーマⅨ「教師は専門職といえるか」学習課題1「専門職の4条件とは何か。」を選択したレポートです。
    参考文献:
    1)学校経営の基礎・基本 牧昌見 (株)教育開発研究所 1998年12月10日
    ・教育経営入門 宮田進/片山世紀雄 (株)教育開発研究所 2012年4月1日
    ・保育者の専門性とは何か 白石崇人 (株)社会評論社 2013年2月10日

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    第 2 課 題 第 1 設 題
    本稿はテーマⅨ「教師は専門職といえるか」課題1「専
    門職の4条件とは何か。」について述べるものである。
    専門職としての教師を論じる際、問題となるのは教師
    という職独自の専門性である。教師は教育に携わる上で
    の必要条件として、教職免許法により校種別・教科別に
    定められた教員免許状を有する必要がある。しかし、免
    許状の所持だけで教師の専門性は保障されるものでない。
    牧(1998)は、学校という組織を専門職組織ととらえ
    る時、専門職能人としての教師に関する事と、組織成員
    としての教師が組織(学校)運営にどのように関わるか、
    という2点を考え...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。