Z1106道徳教育の研究(A判定レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数385
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                            
    第1設題:道徳教育の意義について述べよ。
    道徳は、人間の生き方を示すものであり、古今東西の多くの偉人たちによって説明されてきた。ソクラテス・プラトンに始まり日本でも儒教の教えや仏教の教え、神道などの偉人たちである。今日の日本の道徳教育では、教育と宗教は切り離されているので、学習指導要領に示された内容で、人の正しい道等を考えて、活きる力の育成をはかることになっている。
    ①欧米の道徳教育の流れ
    □古代ギリシャ
    諸外国の道徳教育の歴史は、教育の中核として研究されてきた。早くは、古代哲学における道徳的思想に始まる。古典と呼ばれるものとして、「ソクラテス」は「人間とは?」に語られた、「無知の知」を説いた。「プラトン」は「善のイデア」を唱えた。
    □ルネサンス期~17世紀
    コメニウスは近代の教育学上重要な思想家であり、デカルトは有名な「考える我」の存在を発見し、3つの生活の規則を立てた。「カント」は、有名な「人間は教育によってだけ人間になることができる」「人間は教育が人間から作り出したものにほかならない」と言葉を残した。
    近 代
    マスローは「人間の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。