【玉川大学】倫理学概論Ⅰ「社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係」「倫理学と人生論的諸問題との関係」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数583
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※このレポートは、玉川大学通信教育部・科目名「倫理学概論Ⅰ」平成23年度課題の合格済レポートです。

    教員による評価・批評は以下の通りです。

    <課題>
    1、社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係を1200字程度でまとめよ
    2、倫理学は人生論的諸問題とどのように関係しているかを1200字程度でまとめよ

    <評価>
    B(合格)

    <批評>
    2はよい着眼です。
    ただし、カントは実はものすごく具体的な問題を念頭においています。
    ____________________________

     このレポートでは、まず、社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係についてまとめる。
    次に、倫理学は人生論的諸問題とどのように関係しているかをまとめる。

    <1、社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係>

    社会規範とは、人間の行為を統制する人間行為の規範であり、習俗・道徳・法・宗教のことを指す。これらの関係は、習俗がその形式を残しつつ道徳と法に分化。道徳を超越するものとして宗教が存在している。言い換えれば、習俗が道徳と法の先行形式であり、宗教は道徳を超越した関係である。

    習俗は、道徳や法の母胎である。やがて一方では道徳へ発展し、他方では法律や法制度へと発展する。分化する一方で、習俗は習俗として、分化した後においても、衣食住における基本的伝承、冠婚葬祭における社会形成的伝承、年中行事や祭りにおける厚生的文化伝承として、習俗は道徳や法と並存している。
    また、習俗的段階の経験は道徳への前段階であることから、予備教育としての機能を持っていると言える。時代の推移とともに少しずつ変化していく性質のある習俗であるから、予備教育の意味では、習俗の評価や修正を適宜行う必要がある。このように、習俗は道徳や法の母胎なのである。
    習俗というひとつのものから分化した道徳と法であるが、適用範囲や制裁の性質が違う。法は最小限度の道徳であり、道徳的規範の方が、法的規範よりも高次のものであり、法の適用範囲外においても人間の社会生活が営まれるのに必要な一定の規範を要求する。つまり、法のみを守り道徳を無視する人が非難を浴びるように、法的規範よりも道徳的規範のほうが適用範囲が広いのである。
    そして、制裁の性質が違う。つまり、道徳の制裁は動機といった行為の内的要素を重視するのに対し、法的な制裁は手段や結果といった外的要素を重視する。たとえば、困らせてやろうと心の中で思っても、実際に行為しなかった場合、法的には制裁を加えることはできないのに対し、道徳的には非難される対象になるのである。

    また、社会は絶えず変化しているため、たとえば過去の法と今の社会における道徳との間にずれが生じてくるのは当たり前のことである。道徳的規範が法的規範よりも高次なものであっても、社会秩序の維持のために法律は守らなければならない。このような道徳と法の衝突は過去にも多くの例があるが、法律の改正には、合法的な手段によって、それを改正し法律を道徳的に高めることが必要である。

    道徳と似ているものに宗教があるが、宗教は超道徳的である。つまり、道徳的立場では善なるものを愛し、悪なるものを憎むのに対し、宗教的立場では道徳的・人間的な愛憎の次元を超えた立場に立ち、人間の根本的救済を目指すのである。その意味で超道徳的なのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     このレポートでは、まず、社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係についてまとめる。
    次に、倫理学は人生論的諸問題とどのように関係しているかをまとめる。
    <1、社会規範における道徳・習俗・法・宗教の関係>
    社会規範とは、人間の行為を統制する人間行為の規範であり、習俗・道徳・法・宗教のことを指す。これらの関係は、習俗がその形式を残しつつ道徳と法に分化。道徳を超越するものとして宗教が存在している。言い換えれば、習俗が道徳と法の先行形式であり、宗教は道徳を超越した関係である。
    習俗は、道徳や法の母胎である。やがて一方では道徳へ発展し、他方では法律や法制度へと発展する。分化する一方で、習俗は習俗として、分化した後においても、衣食住における基本的伝承、冠婚葬祭における社会形成的伝承、年中行事や祭りにおける厚生的文化伝承として、習俗は道徳や法と並存している。
    また、習俗的段階の経験は道徳への前段階であることから、予備教育としての機能を持っていると言える。時代の推移とともに少しずつ変化していく性質のある習俗であるから、予備教育の意味では、習俗の評価や修正を適宜行う必要がある。このように、習俗は道徳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。