英米文学概説分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数470
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一発合格のレポートです。
    参考資料:ENGLISH LITERATURE

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     Shakespeareの劇の特性を、ストーリー、性格描写、構成、雰囲気の4つの観点から論じる。
     まずストーリーは、小説と同様、劇の基本であり(小説同様、最も興味深い点というわけではないが)、その価値は構成と場面によって発揮される。劇作家にとって、ストーリーを語ることは、小説家のそれに比べ難しい作業である。なぜなら、小説家が文章のどこにでも、過去の出来事を記述できるのに対して、劇は、パフォーマンスによって成り立つものである為、劇作家自らが舞台の前に立ってこれを語ることができないからである。必要な情報は、劇の中で登場人物が直接語らねばならない。このため、劇の冒頭は劇作家にとって難題となる。Shakespeareは、この技法に長けている。例えば、The Tempestの冒頭は、無人島の嵐の場面に始まる。島には、12年前に悪意ある弟によって国を追われた魔術師のDuke Prosperoと娘のMirandaが、小さなボートで流れ着いて暮らしている。嵐で船が難破するが、これにはProsperoを追放した敵達が乗っている。嵐はProsperoが起こしたのだった。事情を知らないMirandaは、船..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。