「幼児保育の基本と教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数769
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    幼児保育の基本と教科「生活」の目標や内容との関連や連続について述べていくうえで、まず始めに幼児教育と環境について述べる。
    1.幼児教育の基本
    <幼児教育・「環境を通して行う保育」>
    一般に、幼児期は自分の生活を離れて知識や技能を一方向的に教えられて身に付けていく時期ではなく、生活の中で自分の興味や欲求に基づいた直接的・具体的な体験を通して、人格形成の基礎となる豊かな心情、物事に自分からかかわろうとする意欲や健全な生活を営むために必要な態度などが培われる時期である。
     子ども達は未熟な故に自らの力で環境を構成することができない。保育者は子どもが思わずかかわりたくなるような環境を用意する
    ことが求められる。
    <保育内容(5領域)>
    保育内容(5領域)には「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」「表現」があり、それぞれの領域には、ねらいと内容が存在する。
    ねらいは、幼稚園修了までに育つことが期待される生きる力の基礎となる心情、意欲、態度などであり、内容は、ねらいを達成するために指導する事項である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児保育の基本と教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ。」  幼児保育の基本と教科「生活」の目標や内容との関連や連続について述べていくうえで、まず始めに幼児教育と環境について述べる。 1.幼児教育の基本
    <幼児教育・「環境を通して行う保育」>
    一般に、幼児期は自分の生活を離れて知識や技能を一方向的に教えられて身に付けていく時期ではなく、生活の中で自分の興味や欲求に基づいた直接的・具体的な体験を通して、人格形成の基礎となる豊かな心情、物事に自分からかかわろうとする意欲や健全な生活を営むために必要な態度などが培われる時期である。  子ども達は未熟な故に自らの力で環境を構成することができない。保育者は子どもが思わずかかわりたくなるような環境を用意する
    ことが求められる。
    <保育内容(5領域)>
    保育内容(5領域)には「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」「表現」があり、それぞれの領域には、ねらいと内容が存在する。
    ねらいは、幼稚園修了までに育つことが期待される生きる力の基礎となる心情、意欲、態度などであり、内容は、ねらいを達成するために指導する事項である。  「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。