中央大学 通信教育 2011年度 商法(会社法) 第3課題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数510
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    株式会社における資金調達
     株式会社は、企業規模の拡大や損失の補填等のため、社外から資金を調達することが必要となるケースが多い。
     そのための資金調達手段として、①募集株式の交付、②新株予約権の発行、③金銭消費貸借、④社債の発行がある。
     株式会社は、これらの資金調達の結果、資金拠出者に対して一定の権利を付与することとなるが、その権利の性質や程度によっては、既存の株主や債権者の利益を直接的・間接的に侵害することとなる。
    そこで、会社法は、株式会社が取りうる資金調達手段に応じて様々な制度を定めている。
    2.資金調達手段としての株式会社制度
    (1)募集株式の交付
     株式会社は、具体的な資金需要に応じて、設立後に新たな株式を発行することにより、資金調達を行うことが可能である。
     一方、新たな株式の発行は、既存株主に対して悪影響を与える恐れがある。すなわち、①既存株主の持分比率の減少、②既存株主の株式の経済的価値の希釈化である。そこで、会社法は、既存株主と新株主との利益を調整するため、次のような制度を規定する。
    (ⅰ)発行株式総数
     株式会社は、定款で定めた発行可能株式総数(37条1項、98条..

    コメント1件

    coffeelove 販売
    実質3枚となります。4枚目の資料は作業中のメモとなるため、申し訳ございませんが、無視頂けるようお願い申し上げます。
    2012/02/05 10:15 (4年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。