英語学概論第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数413
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     英語と日本語の広い意味での比喩の構造を比較対照し、両者の違いをデータに基づいて具体的に論ぜよ。
     まず初めに、「比喩」とは何かについて述べていきたい。比喩とは「物事を類似または関係する他の物事を使って表現すること」という意味で、いろいろな言葉を用いて表現する特別なものであったり、また普通の言葉を飾り立てて表現する特別な方法だと言う人がいるかもしれないが、私たちは日常生活において無意識にかなり多くの比喩表現を使用している。英語でもこのことは同様で、たくさんの比喩が英米人の会話、手紙、本、新聞記事などの中に出てきているのである。このような比喩の中に英米人の考え方や感じ方、行動などを見てとれる。つまり文化の一部分を知ることができるのだ。そればかりではなく、文字通りの意味が比喩的に用いられるようになり、その過程を考えることは、英語の上達につながり、英語を学ぶ者にとってとてもためになる。
     英語には動物などの生き物を比喩として用いている表現がたくさんある。例えば、「have butterflies in one’s stomach」がある。これは、比喩的に「(何かをする前に)不安で落ち着かない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。