文章表現法 分冊2 H27-28年度課題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数153
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【日大通教】文章表現法 分冊2 H27-28年度課題 合格リポート

    文学の個人全集などに掲載されている手紙を一つ選び、その文章から筆者の心情を汲み取り、説明しなさい。(引用は、説明内容を的確に示す部分)

    「引用をした上で説明しているのでとても説得力がある。よく調べ説明している。」との講評をいただきました。
    キーワード使用しています。参考文献記載しています。拙い文ではありますが、参考用としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文章表現法 分冊2
    文学の個人全集などに掲載されている手紙を一つ選び、その文章から筆者の心情を汲み取り、説明しなさい。(引用は、説明内容を的確に示す部分)
    〈ポイント〉手紙文とは本質的にはその当事者間においてのみ意味を持つ種類の文章である。そういう特殊性をはらむ文章であるだけに、手紙文からは筆者の人がらや心情が直接的に伝わってくる。
    〈キーワード〉「心情」「感動」「人がら」「ユーモア」
    手紙とは「通信の文章を人に書き送った文章」であり、書き手と受け取り側の間でのみ意味を成すものである。本論では宮沢賢治が友人保阪嘉内に宛てた手紙を通し、筆者の心情を考察する。
    あなたはむかし、私の持ってゐた、人に対してのかなしい、やるせない心を知って居られ、またじっと見つめて居られました。今また、私の高い声に覚び出され、力ない身にはとてもと思はれるやうな、四つの願を起こした事をも あなた一人のみ知つて居られます。
    まことにむかしのあなたがふるさとを出づるの歌の心持また 夏に岩手山に行く途中誓はれた心が今荒び給ふならば私は一人の友なく自らと人とにかよわな戦を続けなければなりません。(中略)
    或はこれが語での..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。