学校教育課程論(中・高)_設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数349
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ”中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。”
     高等学校の教育課程について述べる。近年、いじめや不登校といった学校における諸問題や生徒の学力低下が社会問題となっている。人間形成の為の教育の全てを学校現場が担う訳ではないが、学校には、意図的かつ計画的に生徒に教育を施すという固有の任務が有り、その目標を明確にして教育に取り組むという義務を負っている。教育の目標を明確にし達成する為に、その教育内容を選択して組織編成したものが教育課程である。教育課程は、教育基本法や学校教育法等の法令及び文部科学大臣が教育課程の基準として公示する学習指導要領に基づき定められ、その他教育委員会の定めた基準に従うとされている。教育基本法では前文にて「我等は個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造を目指す普及徹底しなければばらない。」と定めている。そして、第1条で教育目的、第2条で教育の方針、第3条では教育の機会均等が定められ、さらに学校教育法第57条、第64条等において詳細な内容が謳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。