老年看護観

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,599
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者看護医学老人援助認知認知症保健

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                     「老年看護観」
    はじめに
     今回、回復期リハビリ病棟、老人保健施設、通所リハビリテーションで実習を行って、多くの高齢者と関わる中で感じた老年看護観について述べる。
    対象者の紹介
     対象者はA氏、80歳代女性。肺炎後廃用、アルツハイマー性の認知症、脳・腹部動脈瘤、脱水がある。ADLはほぼ自立しており、見守り~軽介助で行われている。一人で立ち上がり移動するなどの危険行為が見られる為ベットコール使用中。尿・便意なし。
    実施した看護
    9時から2時間ごとに声かけを行い、トイレに誘導し排泄コントロールを行う。リハビリ後に温めたお茶を出したり、10時と15時ごろにお茶ゼリーを出したりすることで飲水を促す。その際、「少し動いたのでお茶を飲みながらゆっくりお話ししましょう。温かいお茶を用意します。」と提供の仕方を工夫すると飲水量が約コップ一杯分増加した。
    考察
    トイレ誘導は2時間ごとと決めてしまう前に、患者の膀胱がどれくらいの時間で一杯になり失禁をおこすのか、そのときの飲水量、尿意の有無を観察する必要があった。
     声かけは何を言うかというだけでなくどのタイミングで言うか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。