社会理論と社会システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数849
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    社会学と社会福祉

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉が対象とする問題は、貧困や虐待、介護など、個人の問題としてとらえられやすいものが多い。
    一般的にこれらは、個人の責任としてとらえられやすく、貧困は個人の怠慢によるものと考えられたり、虐待は、家族の責任として批判されたりしやすい。
     しかし、社会学的想像力をもって、問題をとらえることができれば、これらはいかに、社会的な問題であるかということを知る事ができ、対象者に対する支援の方法も変わってくるはずである。
     この社会学的想像力という概念は、アメリカの社会学者ミルズに由来する。ミルズにとっての社会学的想像力とは、一見個人的に見える問題がじつは社会構造や社会変動とつながっていることを明らかにする資質のことを意味している。(引用1)
     そして、この社会学的想像力が根拠に基づいたものとなるためには、社会調査が必要である。社会学的想像力は生来の資質によるところが大きいが、社会調査の技法は具体的であり、その習得のためのカリキュラムも明確であるからである。
     この、社会学的想像力をもって、貧困について考えようとすると、格差社会の不平等という問題があり、不平等を生み出す社会的資源についての問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。