【2014年度最新】佛教大学 S0615 家庭科概論 A評価 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数947
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程S0615 家庭科概論 のレポートです。
    A評価をいただきました。

    [設題]
    『自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。』

    [所見]
    自分自身の問題として生活の課題が捉えられている。課題とテキストのページ数がはじめに明記されている。テキスト等からの学びが適切である。意欲を持って改善に取り組み考察ができている。

    レポート作成の際に、ぜひご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。』
     私が生活のなかで改善の必要を感じる一番の課題は「食生活」である。テキストで学んだことを踏まえ、改善を実行・実践した取り組みについて述べていく。
    【学びを得たテキストの箇所】
    P.42 (1)食生活の変化
    P.48 (5)食育
    P.56 (2)人体の構成、(3)栄養素の種類と働き
    P.69 (4)食事摂取基準の考え方
    P.71 (5)食事摂取基準を充足するための食品構成
    1.私の「食生活」の課題
     我が国の食生活は「食べたらよい」という時代から、食品の工業化、平和と経済的繁栄、サービス産業化により目を見張るように豊かになり、「飽食」の時代になった。生活が豊かでなかった時代には、食事と言えばほとんどが家庭の中で調理して食べるものであった。しかし、現代のように豊かになると持ち帰りのすしや弁当、おにぎり、惣菜、デリカなどの調理食品や加工食品、インスタント食品、レトルト食品、冷凍調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。