2014年中央大学通信レポート商法(会社法)第3課題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,063
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    2014中央会社法商法

    代表キーワード

    中央大学会社法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2014年 会社法 第3課題
    !
    問題
    公開大会社における資金調達の必要性とその方法
    !
    !
    解答
    第1 資金調達の必要性
    会社活動には、設備や材料等の物的な面と、労働者の賃金等の人的な面において資金が必要で
    ある。公開大会社のような大規模な事業活動を想定している会社においては特に、経営者の私費
    だけでその必要な費用を賄うことは不可能に近い。したがって、会社は、資金を調達する必要が
    ある。
    第2 資金調達の方法
    1 総論
    会社法上規定される資金調達制度は、大まかには株式と社債であり、どちらも直接金融又は間接
    金融の形で資金調達が行われる。
    もっとも、会社法上規定されない資金調達方法もある。例えば、金融機関等からの借り入れや、
    他の企業との取引の際に支払いを猶予してもらえば、他から資金調達をして支払いをするのと同
    じ効果を得られるし、企業活動で得た利益を留保し、必要なときに投資に回すことも行われる(任
    意積立金)。
    2 各論
    (1)株式の発行
    株式の発行には、設立時に行う株式発行(会社法(以下、省略)25条1項)と、設立後に行う募
    集株式の発行(199条以下)があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。