情報社会と職業_第4回レポート課題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数169
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 情報化が進んだ社会では、企業が直面する危機についての意識の持ち方によってはその存続さえ左右されかねません。企業の様々な危機についてどのように対応すべきか。
    2000字程度
    転載等は禁止します、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報社会と職業」_第4回レポート課題
     最近の出来事で「CSR(企業の社会的責任)」と「グローバル化」について論ずるのに最適の材料があったのでそれを挙げる。
    一つ目は「CSR」についてである。
    最近、元巨人軍のゼネラルマネージャであった清武氏が、会長である「ナベツネ」を批判したことで話題をよんでいる。すでに確定していた人事が、ナベツネの「鶴の一声」によって独断で変更されたことに清武氏が腹を立て、記者会見を開きナベツネを公然と批判した。その後、清武氏はゼネラルマネージャの職を退けられている。
     この騒動において特に叫ばれていたのが「コンプライアンス」という言葉である。確定している人事を権力者がその権力を行使して変更してしまうのはコンプライアンスに違反しているというのが清武氏側の主張であり、一方で清武氏の常氏である桃井社長は「記者会見のことは社長の自分も知らず、清武氏の独断で行われた。それこそコンプライアンスに違反する」という主張をしている。
     清武氏が会見を行ったタイミングは、まさに日本シリーズの真っ直中であった。接戦を繰り広げ、盛り上がりをみせている日本シリーズの最中に今回のような出..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。