情報社会と倫理_第1回

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数109
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 電子商取引について論ぜよ。2000字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報社会と倫理」_第1回レポート課題
    【電子商取引とは】
     先月、靴を購入した。以前までは街の靴屋へ行き、店内に展開されている靴の中から自分に合ったものを選び、それをレジまで持っていき代金を支払い購入する、という順序をふんで靴を購入していたが、今回は違った。自宅のパソコンからインターネットで購入したい靴を選び、クレジットカード情報を入力して、購入するボタンを押す、数日すると自宅に靴が届く、という流れで購入した。しかも、今回は靴の形や色がカスタマイズできるサービスだったため、デザインまでも自分で行うことができた。
     人が直接対面する商取引にたいして、上記の例のような、対面することなくインターネット上にて注文から決済までの取引を行うことを「電子商取引」とよぶ。近年、この電子商取引が多く見受けられ、今では電子商取引で扱えないものはほとんどないと感じるほどである。例えば為替取引にしても、わざわざ銀行にいって外国紙幣に変える必要はなくなり、FX会社に口座を開設すれば容易に外国為替取引が可能である。紙幣や硬貨が国を飛び交うことはない。お金までも電子商取引の対象である。
    【商取引と電子商取引の違い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。