国際情報(西洋史)_第3回レポート課題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数169
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 第一次、第二次の大戦における日本とドイツの立場について説明し、考えを述べよ。
    2000字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際情報(西洋史)_第3回レポート課題
    【史上最初の世界大戦】
    1914年7月~1918年11月まで行われた史上最初の世界戦争はドイツ・オーストリアの同盟国とイギリス・フランス・ロシアの三国協定国にイタリア・セルビア・アメリカ・日本・中国など総計21カ国を同陣営に組み込んだ連合国との戦いとなった。
    【大戦の原因】
     1870年代から欧米列強は内外の政策に行き詰まり、アフリカ・太平洋・アジアなどを分割して植民地化を進めていったが、徐々に対象地域が少なくなると、列強諸国は鋭く対立しはじめ、20世紀に入りドイツを中心とする三国同盟とイギリス・フランス・ロシアの三国協定とが対立し、国際関係は緊張状態に入った。こうした中で、1914年、オーストリア皇太子夫妻がボスニアのサラエボでセルビア人の青年に暗殺される事件が起きる。この事件を発端に、三国同盟と三国協定とのかねてからの対立は頂点に達し、世界戦争へと突入する。
     同年7月、オーストリアがセルビアに宣戦布告すると、セルビアを後援するロシアがオーストリアやドイツを牽制するため軍隊に総動員令を下すと、8月1日、ドイツはロシアとの開戦に踏み切り、翌日、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。