国際情報(西洋史)_第1回レポート課題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数195
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 古い歴史を持つドイツが近代化に成功したのはなぜか説明し、考えを述べよ。
    2000字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際情報(西洋史)_第1回レポート課題
    ━ドイツとは━ 
     ドイツはヨーロッパのほぼ中央を占めており、そのため多くの隣接国に囲まれている。その数はオランダ・ベルギー・フランス・スイス・オーストリア・チェコ・ポーランド・デンマークとヨーロッパ最多の隣接国を持っている。このことはドイツの形成や展開に大きな影響を与えており、例えば職人の遍歴や学生の大学間移動、ドイツからの移民・ドイツへの移民といった直接的な人の移動による交流だけでなく、商品・技術・思想といった文化的・経済的な次元での交流による影響、あるいは戦争という暴力的なかたちでの衝突にいたるまで、大きな役割と意義をもっている(「ドイツ史」P8参照)。
    ━ヒトラーの存在━
     ドイツの近代化において非常に重要になってくるのは「ヒトラー」の存在である。彼は民族主義と反ユダヤ主義を唱えたドイツの独裁者である。1933年に首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領が死去してから、国家元首となる。人種主義的思想(ナチズム)に基づき、血統的に優秀なドイツ民族が世界を制する運命を持つと主張し、強制的同一化や血統を汚すとされたユダヤ人や障害者迫害などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。