【2014】教育原理 PA1020 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数667
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 教育原理(PA1020)  1単位目 合格レポート■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1.教育思想家の考え方に言及しつつ、自分自身のこれまでの教育的体験を踏まえて自分の視点で教育観を述べよ。
    2.明治期の学校教育史の要点をまとめよ。

    ■成績:合格
    ■講評:
    1.ルソーの考え方への言及をまじえ、よく検討しています。
    2.明治期の主要点を示してよくまとめています。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献:『教育原理』佐々井利夫・樋口修資・廣嶋竜太郎共著 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育原理(PA1020) 1単位目合格レポート
    ■課題:
    1.教育思想家の考え方に言及しつつ、自分自身のこれまでの教育的体験を踏まえて自分の視点で教育観を述べよ。
    2.明治期の学校教育史の要点をまとめよ。
    ■成績:合格
    ■講評:
    1.ルソーの考え方への言及をまじえ、よく検討しています。
    2.明治期の主要点を示してよくまとめています。
    ■レポート本文
    1. 現代社会は、かつて人間が経験したことのないような速度で変化を続けている。近年の学校教育は「生きる力」という言葉に代表されるように、主体的な活動を重視しながら、自ら学び、自ら考える力を育成することに力点が置かれている。そして、子どもの個性を尊重しながら、「生きる力」を育む教育が求められている。このようなことが求められる背景には、少子高齢化社会の進展、核家族化、高度情報化社会の中で、これまでのように知識や記憶力を重視する教育方法だけでなく、それをいかに活用していくかが問われているという現状があるのではないかと考えられる。
     私自身の経験として、知識偏重の教育を受け、社会に出る頃には大きな技術革新などが起こり、その知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。