国際政治学分冊2

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数150
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    次の問1~問4まで2つ選びなさい。
    問1.現代国際政治における安全保障概念の多様性について説明しなさい。
    問4.地球温暖化問題の解決に向けての国際的枠組みについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治学 分冊2
     現代国際政治における安全保障概念の多様性について説明しなさい。
     
    伝統的な安全保障概念は主として国家の安全保障について議論してきた。すなわち、諸外国からの侵略や攻撃に対して自国の安全、繁栄、価値を保障することを意味する。各国は自国の安全を保障する手段として軍事力を中心とした自国のパワーを増強しようとする。すると各国は、他国がパワーを増強すると自国もパワーを増強するといった、必然的にパワーをめぐる各国の競争と対立といった様相を呈するようになる。結果、自国の安全保障を高めることが他国に脅威を与えて、反対に紛争をもたらす緊張を高めてしまう結果をもたらす事がある。これを安全保障のジレンマという。各国は自国の安全保障を確保する手段として勢力均衡という方法を活用してきた。
    勢力均衡は、国際秩序を維持する為の手段として、各国の軍事力を均衡に保つことで突出した脅威が形成される事抑制し、秩序の不安定化や紛争の誘因を低下させることで国家の安全を図ろうとするものである。各国は他国と相互に軍事上の援助及び協力を定めた同盟を形成し、対立する国家及び国家群の勢力均衡を図ろうとしてきた。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。