S30900_広告論 分冊①

閲覧数1,549
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    課題 広告の価値創造と価値の浮動化について述べなさい。

    タグ

    日大合格レポートS30900

    代表キーワード

    広告論S30900

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広告の価値創造と価値の浮動化について、次のとおり述べる。

     広告の価値とは、①消費者の関心を探り、その充足のための条件(望ましさの条件)を創出し、生活の諸側面の望ましい姿についての考えを具体化すること、②生活の視点からブランドへの関心を形成し、その必要性(欲求と欲望=望ましさの条件)を提示し、生活におけるそのブランドの必然性(価値)を提言していくことである。つまり、生活の望ましい姿を達成するために何を・どのように提示できるかにかかっている。人々が「望ましさ」を感じるのは機能・品質なのか、デザインやネーミング、販売店の雰囲気、広告が創り上げたブランド・イメージなのか、それぞれ人によって異なり、ただ一つの商品カテゴリーの中ではブランドが多い上に技術も高度化し、機能・品質を見分けることが難しくなっている。人々にとって価値は非常に相対的である中、企業は自社ブランドを他社のブランドといかに差異化するかが課題となっている。差異化は商品属性の記号化(情報化)によって進められ、企業は記号(情報)による差異化を形成し競争し、消費者はその記号の中から自分の「望ましさの条件」に合ったブランドを価値あるブラ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。