憲法 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数169
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 経済的自由に対する規制の合憲性審査基準について論ぜよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○職業選択の自由の意義○○○○○○○○○
    憲法22条1項・2項ならびに29条を総称して経済的自由権と呼ぶ。職業選択の自由をはじめとする経済的自由権は、強い社会的規制を受ける。その根拠として、①職業はその性質上、社会的相互関連性が大きいものであり、無制限に職業活動を許す時には社会生活における安全や秩序が維持できなくなること、②現代国家に要請される社会国家理念の実現のために、職業活動には経済的・社会的弱者の保護などの政策的な配慮が強く求められることがあげられる。
    ○規制と違憲審査基準○○○○○○○○○○
     職業選択の自由には、上記の二つの側面からの社会的制約との関連からいくつか規制措置が取られている。第一類型は、①国民の健康・善良な風俗その他の警察目的から、一定の職業について行政庁の許可を必要とするもの。②一定の有資格者に限って当該職業に就くことができるもの。③行政庁の公簿に記載することを要するとするもの。④届出を要するものをあげることができる。第二類型は、①安価・公平な役務の提供、国家収入の確保等の目的から、私人が業として行う事を禁止するもの。②一般国民の生活にとって必須のものであるが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。