経済史総論 分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数285
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 古代ローマにおける奴隷制社会の形成・発展・崩壊過程について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    奴隷制社会の形成
    ○ローマ社会の初期の段階において、四隣にシシリーにフェニキヤ人の植民地が、イタリーにギリシャ人の植民地があって、それら地域には奴隷制度がすでに確立されていた。紀元前6世紀には、イタリー半島の北西部エトルリアの奴隷制度がすでにその発展の絶頂期を迎えていた。このような四隣の影響もあるが、ローマの奴隷制度の発展は、ローマ人自身の内部的社会事情の発展過程を重視しなければならない。奴隷制度形成時期に、氏族共同体をして生活し、10氏族からなる士族結合体と種族があった。また種族は、一つの種族連合体に結合して、王の存在があり、長老会が王を補佐して種族連合体を統治していた。これらがローマ士族制社会組織内の貴族の革新を形成していた。住民の多くはこの士族及び種族連合体から排除されて、平民と呼ばれた。この平民は、自由市民のうち貧困層の支持加勢を得て、氏族制貴族に対する激しい反抗闘争の結果、氏族制度の完全な崩壊をもたらすこととなった。その後、新しい社会形成過程に、セルビウス・トリュウスの改革があり、全人口が経済的立場に基づく数種の集団部類に区分され、それに応じて相違する軍務上の負担を課せられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。