過去問 PA2030 教育心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数32
閲覧数1,125
ダウンロード数49
履歴確認
更新前ファイル(4件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育心理学の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/10、2017/12現在までの過去問を自己解答したものです。主に教科書や文部科学省のHPを参考に解答しています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA2030教育心理学
    ●2017/12 ⑩(●2015/12⑩、●2014/12⑩と同一問題)
    知能の発達を規定する要因に関して「遺伝説」と「環境説」があります。それぞれについて簡潔に説明しなさい。また、知能の発達を促す要因についてあなたの考えを述べよ。
     自己解答
     遺伝説は、ビネー法をアメリカに紹介したコッダートによると、知能は「単一の能力」であり、「主として遺伝によって決定される」とした説である。この説によると、知能は恒常であると考える傾向が強い。
     環境説とは、劣悪な環境によって正常な発達が妨げられ、良好な環境によって正常な発達へと導かれるなど、環境によって知能の発達が左右されるという説である。ビネーは、知能とは、いろいろな能力が相互に絡み合った変わりやすい複合体であるとし、生後3か月から2歳くらいの子ども時代に極端に貧乏であったり、愛撫が欠けていたり、一緒に遊んでやらなかったりすると、既にこの年からその影響が現われ、知的能力の目覚めが遅れるとした。
     知能に遺伝的要素の強い面があることを示す多くの例証も、その遺伝規定性が完全でないことを同時にあらわしており、遺伝説と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。