精神保健福祉士としての相談援助を行う上で、『専門性とは何か』について述べよ。(B評価/1800字程度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数56
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神保健福祉援助演習(専門)」

    学習のポイント
    ①精神保健福祉援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れつつ、精神障害者の生活や生活上の困難について把握する。
    ②精神保健福祉士に求められる相談援助にかかわる知識と技術について、習得する。


    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第8巻「精神保健福祉援助演習」第2版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉援助演習(専門)」
    精神保健福祉士の業務は、社会制度や社会資源、社会サービスを活用して精神障害
    者が地域において生活していくことを支援し、また、日常生活を営んでいくための相
    談・助言・指導、日常生活への適応のための必要な訓練を行うことである。本稿では、
    精神保健福祉士が相談援助を行う上での『専門性』について述べる。
    精神保健福祉士は、1997 年の精神保健福祉士法によって定められた国家資格である。
    主に精神科病院等の医療機関や精神障害者の社会復帰を支援する施設において、社会
    復帰に関する相談に応じ、日常生活に適応するための訓練や援助を行う。2010 年 12
    月の精神保健福祉士法の改正により、精神保健福祉士の義務について、信用失墜行為
    の禁止、守秘保持義務に加え、「精神保健福祉士は、その担当する者が個人の尊厳を保
    持し、自立した生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立って、誠実にそ
    の業務を行わなければならない」という「誠実義務」が追加された。さらに、「精神保
    健福祉士は、精神保健及び精神障害者の福祉を取り巻く環境の変化による業務の内容
    の変化に適応するため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。