社会福祉士養成通信課程レポート;介護保険制度について説明しなさい。(A評価/1596字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,064
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名『高齢者に対する支援と介護保険制度②』

    学習のポイント
    ①相談援助において必要となる介護保険制度や高齢者の福祉・介護に係る他の法制度について理解する。
    ②終末期ケアの在り方について理解する。

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第13巻 高齢者に対する支援と介護保険制度』中央法規、2012年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1990年代の社会福祉基礎構造改革を背景に,1995年に高齢社会対策基本法が施行され、高齢社会への対策が総合的に構築されていく方向が明確化された。一方で、新しい公的介護システムの検討が進められ、1994年12月に、高齢者介護・自立支援システム研究会の報告書「新たな高齢者介護システムの構築を目指して」が提出され、自立支援の基本理念として、介護に関する既存の制度を再編成して高齢者自身がサービスを選択することを基本とする社会保険方式の導入が提案された。その後、1996年4月に老人保健福祉審議会報告として「高齢者介護保険制度の創設について」が取りまとめられ、新たな高齢者介護制度として、社会保険制度、高齢者自らによるサービスの選択、高齢者の自立支援、現行制度の矛盾の解決、経済・財政とのバランスといった要件が示された。同報告を受け、1996年6月に政府は「介護保険制度案大綱」を諮問し、答申を受け、同年11月には介護保険法案が国会に提出され、1997年12月に公布された。そして、2年間の準備期間を経て、2000年4月1日に介護保険法が施行された。
    介護保険制度では、介護予防を重視する姿勢が明確にさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。