社会福祉士養成通信課程レポート;福祉分野におけるサービスマネジメントの特徴的な課題について解説せよ(A評価/1591字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,368
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名『福祉サービスの組織と経営』

    学習のポイント
    ①福祉サービスの経営と管理運営について理解する。
    ②福祉サービスの組織と経営に係る基礎理論について理解する。
    ③福祉サービスに係る組織や団体(社会福祉法人、医療法人、特定非営利法人、営利法人、市民団体、自治会など)について理解する。

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第11巻 更生保護制度』中央法規、2013年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年、福祉は「サービス」ととらえられるようになり、福祉サービス提供組織のマネジメントは「組織中心」から「顧客中心」へと、大きな転換が迫られている。本稿では、福祉分野におけるサービスマネジメントの特徴的な課題について考える。
    特徴的な課題の一つとして、福祉サービスは、他の多くのサービスと比較すると無形的要素が大きい点が挙げられる。多くのサービスは人の活動であり、物質的実態を有しないため、品質管理が難しく、その分、①従事者の育成、エンパワメント、②顧客の参加、関係性の構築が決定的な意味を持ち、また、③ニーズ変動の管理も重要となる。
    二つ目の課題として、サービス提供の成果が判定しにくい面が挙げられる。一般に、サービスはコアサービス、サブサービス、コンティンジェントサービスが組み合わされた「束」として捉えることができる。しかし、福祉サービスの場合、これらの区分は必ずしも明確ではなく、渾然としていることが多い。また、具体的にどのようなサービスを提供されたいかという顧客の期待自体が不明確であるという特性を抱えている。そのため達成されるべきサービスの成果、あるいはサービスの質を定義することが困難で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。