社会福祉士養成通信課程レポート:「認知症ケアの基本的考え方」と「介護予防の基本的考え方」について、各々解説しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,141
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名は、「高齢者に対する支援と介護保険制度①」になります。

    題目は、「認知症ケアの基本的考え方」と「介護予防の基本的考え方」について、各々解説しなさい。
    です。

    <ポイント>
    ・高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉・介護需要(高齢者虐待や地域移行、就労の実態を含む)について理解する。

    ・高齢者福祉制度の発展過程について理解を深める。

    ・介護の概念や対象及びその理念などについて理解する。

    ・介護過程における介護の技法や介護予防の基本的考え方について理解する。


    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第13巻 高齢者に対する支援と介護保険制度』中央法規、2012年

    ※全文をそのまま使用するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者への介護では、高齢者特有の介護ニーズが発生する。基本的な介護に比べて、より専門的な知識や技術や倫理が必要となる。本稿では、「認知症ケアの基本的考え方」と「介護予防の基本的な考え方」について述べる。
     認知症ケアの基本的考え方は、認知症高齢者の「個別化」と「受容」である。人生という時間の縦軸と、社会的なつながりという横軸の交差した状況において、高齢者本人とその家族の生活を個別的に理解できる専門的知識と感性(パーソン・センタード・ケア)が援助者に求められる。また、援助者は、認知症高齢者の世界を理解し、その世界に寄り添い、その世界を共有する必要がある。そのためには、一人一人の認知症高齢者の経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。