国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方とそれまでの変遷について述べなさい。(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,320
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程の課題です。
    レポート評価A評価になります(A~Dの4段階中)。

    「人体の構造と機能及び疾病」1250字程度

    ※レポート題目は
    「国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方とそれまでの変遷について述べなさい」というものです。

    「国際生活機能分類(ICF)」は社会福祉士国家試験でも
    必ず出題される部分ですので、
    分かりやすくまとめています。

    <課題のポイント>
    ①心身機能と身体構造及びさまざまな疾病や障害の概要について、人の成長や発達との関係を踏まえて理解を深める。
    ②リハビリテーションの概要について理解する。
    ③国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方と概要について理解を深める。

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第1巻 人体の構造と機能及び疾病』中央法規、2011年

    ※全文をそのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害に関する国際的な分類として、世界保健機関(WHO)が1980年に発表した「国際障害分類(ICIDH:International Classification of Impairments,Disabilities,and Handicaps)」がある。このICIDHでは、障害を三つのレベルで説明している。一つ目が、「機能障害(impairment)」である。これは、生物学的レベルの問題で、明らかな形態の異常や疾患、損傷、傷害から機能的不全としての障害を意味する。機能的不全であるため、回復不可能な状態のことを指す。二つ目に、「能力障害(disability)」が挙げられる。これは、個人差レ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。