福祉計画の策定方法と留意点、評価方法について解説しなさい(A判定/1600字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数808
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程の課題です。
    レポート評価A評価になります(A~Dの4段階中)。

    科目名「福祉行財政と福祉計画」

    <ポイント>
    ①福祉計画の意義や目的、主体、方法、留意点、②福祉行財政の実際、③福祉の行財政の実施体制

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第10巻 福祉行財政と福祉計画』中央法規、2014年

    ※全文そのまま使用するのはご遠慮くださいますよう
    お願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉計画も社会計画の一つであり、その基本的過程は他の社会計画と同じである。その計画の過程は、策定(Plan)→実施(Do)→評価(See)と進み、再度策定されていく一連の循環過程として考えることができる。このように計画を一定の期間で見直していく方法は、一般的に「ローリング方式」と言われる。福祉計画領域でも近年、経営学の領域で用いられるPDCAサイクル、すなわち策定(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→改善(Action)が、計画の過程モデルとして提示されるようになってきている。本稿では、上記のPDSサイクルに基づいて説明する。
     福祉計画の策定の過程では、構想計画、課題計画、実施計..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。