【2015】〈明星大学〉教育の制度と経営_1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数235
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。

    明星大学の通信の合格レポートです。

    このワード資料を骨子にしながら手書きの際にちょっとまとめ直したりしているので私が提出した原文そのままではありません。

    1枚ごとの字数は、提出用のレポート形式と同様の字数で設定しています。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育の制度と経営(PA1030)1単位目
    合格レポート
    課題①日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    課題②各国の教育制度の中から一つ取り上げ、高教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。
    成績:合格
    講評:教育基本法と学校教育法改正により、基礎的・基本的な知識・技能、思考力・判断力・表現力等及び学習意欲を重視し、調和的に育むことが規定された。「豊かな心」や「健やかな体」の育成には、徳育や体育のほか、言語能力の重視や体験活動の充実により、他者、社会、自然・環境とかかわる中で、これらとともに生きる自分への自信を持たせる必要がある。
    ①わが国における教育改革の動向、特に、いわゆる「ゆとり教育」と呼ばれる方針・それに基づく施策について考察する。
    明治以降のわが国の公教育方針は、1977年以前と以後で大きく分けられる。77年以前、学校は「みんな一緒」つまり画一的な学習内容を生徒に「詰め込む」場であった。これは、欧米に対して立ち後れた近代化を推進する、また、戦後の復興を果たし高度経済成長を下支えする意味で役割を果たした。だが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。