《明星大学通信》PB3030:初等音楽科教育法 1単位目★2016年度 一発合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数46
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    明星大学通信教育指定レポート用紙と行数と文字数(25文字×90行)
    に合わせてwordにて作成していますので見やすいかと思います。
    ※2単位目の指導案は、マス目無視のレポートですのでご注意ください。

    ★課題★
    「歌唱共通教材」とはどのようなものですか。①定義②指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。また、教科書P35の表を写し、曲名を書き入れてください。


    ★講評★
    Good! 全曲簡易伴奏で、弾き歌いにチャレンジしてみよう。歌詞も再度音読してみてください。




    「何をどのように書いたらいいか分からない」「書いてみたが自信がない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    バラ販売・セット販売・科目終了試験問題などを随時アップロードしていきます。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/940851121641@hc15/
    こちらをご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3030:初等音楽科教育法
    1単位目
    一発合格レポート
    ○課題
    「歌唱共通教材」とはどのようなものですか。①定義②指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。また、教科書P35の表を写し、曲名を書き入れてください。
    「歌唱共通教材」とはどのようなものか。
    ①定義
    歌唱共通教材とは、現行学習指導要領において指導計画に組み込んで、歌ったり聴いたりと、教材として扱うものとして、各学年4曲ずつ割り当てられている㉔の楽曲のことである。平成⑳年に改訂された学習指導要領において、1~4年生は4曲全て、5,6年生は4曲のうち3曲を、各年度の指導計画に教材として位置づけることが義務付けられている。
    もともと小学校においては、昭和㉝年に学習指導要領で歌唱・鑑賞共通教材が指定されていたが、平成⑩年版ではそのうち鑑賞共通教材の指定がなくなり、残った歌唱共通教材についても1~4年生は4曲中3曲、5,6年生は4曲中2曲を取り扱うものとされていた。歌唱共通教材に指定されている楽曲は、戦前からの文部省唱歌が中心となっており、誰もが一度は耳にしたことがある局ばかりで、ある意味文化遺産的なもので、音楽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。