【平成27、28年度】【日大通信】【1回目で合格】英米文学概説(分冊1)、S評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数553
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】教材の第一章を読んで、著者が主張する“precision”の特質について、文学作品から引用しつつ、論述しなさい。
    ※本課題は書き方(特に引用部分)に注意する必要があり、一回目の提出で「合格」をもらうための注意事項を下記に纏めております。
    【ポイント】教材をよく読んで理解し、課題に沿って、自分の言葉で解答すること。論述の際、見出しを付けたりしないこと。文学作品の例は原文を引用し、それに基づいて論述すること。
    著者は、著書の中で言葉は人間の普遍的な活動の一つの要素であり、文学は言葉の巧みな操作を用いて人間に対する深い洞察を行うことであると考えている。彼は良い文学作品に必要な要素を4つ示しており、本論ではその内の1つである“Precision”について以下に述べる。“Precision”すなわち「正確さ」とは、言葉の意味を正確に述べる能力であり、言葉における細かい違いに気を配ることを基礎とする。英語はゲルマン語やラテン語など複数の言語の影響を受けていることを理由に、同義語が多く存在する。例えば、“brave”, “courageous”,“gallant”等は似たような意味があると同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。