【東洋大学】【2015.2016】教育基礎論Ⅱ、課題2、論文試験

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015,2016年東洋大学の、教育基礎論Ⅰ(3000字以内)で説明する課題において、合格認定された論文です。使うべきキーワードについても説明しており、わかりやすいとの評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【リポート課題】今日、学校・家庭・地域社会の三者の連携と協力による教育への取組みが求められています。 
     そこで、学校・家庭・地域社会が連携と協力を進めなければならないという理由と、どのように連携と協力を進めればよいのかという点について、具体的に展開されている活動や取組みなどを参考にしながら各自の意見を述べてください。
     そして、その際に、①戦後の日本社会における家庭(家族)と地域社会の変貌、②また、それが、子どもの育つ環境である家庭や地域社会に及ぼした影響や問題点、③さらに、その影響によりもたらされた学校教育の在り方の変化や問題点などにも言及してください。
    (2001字以上、3000字以内)
    本レポートでは、学校・家庭・地域社会の三者の連携と協力による教育への取組みについての私見を述べる。
    戦後の日本の社会では都市化や自動車社会の進行により、地域の人々が自然に集う場所が減少し、交通網の機能を重視する都市や大型・高層の都市住宅が増加し、地域共同体が生まれ難い構造をとる都市部では住民同士のつながりの希薄化や周囲への無関心及び過疎地では人口減少や少子高齢化が進行する。かつて悪戯やいじめをす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。