中央大学 通信教育部 保険理論 第1課題 ヒトの睡眠の構造・意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学通信教育2016年度の第一課題です。
    評価はCでした。
    参考資料として使用していただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    意義
    私たち人間は人生の約三分の一を寝て過ごすといわれております。睡眠不足が原因の事故は世界で発生しており具体的には、職員が注意不足によって正常な判断を欠いた「スリーマイル島原発事故」や日本においてもまだ記憶に新しい「JR福知山線脱線事故」も前夜当直勤務であったことから睡眠不足による注意不足の可能性があると考えられている。事例からもわかるように我々人間にとって、睡眠は欠かすことのできない本能活動であるといえる。
    では睡眠とは、疲労回復、身体の成長、免疫力の向上や記憶の定着など多岐に渡り、周期的に意識が消失する状態であり、覚醒に対しいう生理現象ある。外来刺激に対する反応の低下によって、睡眠独特の脳波を出しており、意識はないが、強い外来的刺激があれば覚醒できる可逆的状態をいう。ただし、脳出血等が起因の昏睡状態はその限りではない。
    構造
    生後15週までの新生児は、1日に数回睡眠覚醒を繰り返す多相性パターンを示し、約20週以後に夜眠り、昼覚醒する単相性パターンに移行する。老年期になると再び多相性になる。また、一般的な睡眠時間は新生児では1日15時間、1歳頃には約13時間、中高生で約8時間、成人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。