【2016・2017年度】佛教大学 Z1802 介護等体験研究 レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数35
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか、「教職に必要な力」との関係で論じなさい。

    要点・キーワードを確実に記述しています。

    佛大のレポート作成講座にて説明があったポイントを確実に押さえております。(序論・本論・結論など)
    ※キーワードを記載していたとしても、論文形式で構成されていなければ、合格は難しいため。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    2017年度版シラバスと2016年度版シラバスの内容に差異は無いため、当資料を参考資料としてご購入頂ければ、学習時間がかなり短縮されるはずです!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ※レポートの丸写しには厳しい処分が下されるようなので、参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか、「教職に必要な力」との関係で論じなさい。
     少子高齢化やグローバル化の進展に伴う国際競争の激化など変化が激しい社会において、多様な文化や価値観を受容し共生していくことができる人材を育成するために、教員が果たす役割は今後ますます大きくなり、教員の資質能力の向上が重要な課題となっている。では、このような社会情勢において、小学校・中学校の普通免許状取得に介護等体験が必要となるのは何故なのだろうか。
    <介護等体験の意義>
     障害者基本計画や特別支援教育の考え方にも示されているように、これからの社会は障害のある人も障害のない人も、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う、共に生きる社会であることが求められている。
     介護等体験はこれから教員として活躍しようとしている者が、障害のある人たちがいる場所で介護・介助・交流等の体験を自らの体験として持つとともに、この体験を一人ひとりの教育活動に生かすことを願って行われるものである。
    <障害のある人を理解するために>
     現在、世界や我が国において社会福祉全体の目指すべき理念として、ノーマラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。