【レポート】勤労者の労働環境における精神保健について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数365
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士のレポートとして作成しました。問題ないとの評価で合格でした。2000字まとめ、参考文献についても記載しています。このレポートを参考にしていただき、ご自分の見解をかかれたらよいレポートになると思います。時間短縮をして国試対策に時間を割いていただけると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    題:「労働環境と精神保健について」
    今日までの労働環境の変化を記し、生じた問題について記述する。そのことが労働環境において、勤労者に精神保健上どのような弊害をもたらすか記述する。その課題に対する精神保健に、どのようなものがあるかまとめて、結論とする。
    近年の日本の労働環境の主な変化についてまとめると。
    1、2005年(平成17年)以降に人口減少局面に入り、人口構造の変化が起きている。これにより、労働人口の減少(人手不足)が生じている。
    2、業績・成果主義的賃金制度の導入など、我が国雇用慣行の変化。終身雇用、年功序列など、日本の戦後の高度成長を支えた雇用システムに変化が起きた。(価値観の変化)
    3、正規従業員以外の雇用者の増加。生き方の多様化などによる労働者側にもニーズがある一方、不本意ながら正規従業員以外の職に就いている者が増加した。(同一の職場、職種における格差の発生)
    4、仕事内容の変化が起きている。産業構造が変化し、第二次産業から第三次産業中心の社会となった。コミュニケーションを要する職務内容が増え、対人関係に不慣れな若年労働者などが不適応に陥る場合も多い。(ストレスの増大)
    以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。