全ての資料 / タグ / 心理学

資料:1,425件

  • 幾何学的錯視
  • 錯視が起こる原因は非常に多くの理論が呈示されている.しかし,未だに全ての錯視現象を説明できる統一的な説明理論はなく,この錯視の複雑さの現われともいえる.それらの理論のいくつかについてミュラー・リヤー自身の主線は,矢羽に囲まれた空間に同化するためとする合流説をはじめ,..
  • 550 販売中 2005/10/11
  • 閲覧(25,901) コメント(46) 2
  • ミュラーリヤーの錯視
  • わらわれに見えているままの世界と物理的世界とは同じではない。このことを端的に示す事実のひとつとして、いわゆる錯視現象がある。そこでは、知覚的に見られた関係と物理的に測られた関係とが一致しないことが問題となる。このような不一致の程度(錯視量)調べることを目的にミ..
  • 550 販売中 2006/10/30
  • 閲覧(25,677) コメント(6)
  • SD法によるイメージの測定
  • SD法によるイメージの測定    問 題  SD法(Semantic Differential method)とは、情動的意味を定量的に測定する為、意味構造のモデルを構成する為に開発した心理学的測定法の一つである。オズグッド(Osgoo,Such&Tannenbaum,1957)により開発された。言葉・音・形・色・動き、もしく..
  • 550 販売中 2007/11/23
  • 閲覧(25,278)
  • 異なる身体部位の触2点閾の違いと関係
  • 題目  「異なる身体部位の触2点閾の違いと関係」 要約  この実験は異なる身体部位で触2点閾を測定し、身体部位によってどの程度異なるのか測定するために行った。スピアマン式触覚計を使用し、20歳の女子大生を対象とした。  まず初めに測定する身体部位を選んだ。それから..
  • 550 販売中 2006/05/22
  • 閲覧(21,456) コメント(10)
  • 心理学基礎実験 認知的葛藤
  • 第一章 序論  一般的に、葛藤状態とは、同時に2つ以上の要求が存在し、しかも、目標間の誘意性の強さがほぼ等しい場合には、生物体はいずれかの目標を選択するか決定できない状態のことである。我々の日常生活の中には、日々葛藤が生じている。Lewin(1935)によれば、この葛藤には..
  • 550 販売中 2006/04/14
  • 閲覧(21,389) コメント(3)
  • 乳児期における認知機能の発達について述べよ。
  • 乳児期における認知機能の発達について述べよ。 幼児期の近くには、主客の未分化に起因するいくつかの特徴がある。また、児童期になると、分化が進み相対的判断ができるようになり、部分を包括した全体的知覚へと発達していく。乳幼児における認知機能は段階を追って発達すること..
  • 550 販売中 2006/11/13
  • 閲覧(20,106) コメント(2)
  • 鏡映描写における両側性転移 実験考察レポート
  • 基礎心理学実験 鏡映描写学習における両側性転移  我々が日常行う動作の多くは、学習によって形成されたものである。普段なんらかの動作を学習するときは主に利き手を使った学習をしている。利き手を使って学習した後、もし、利き手が使えないような状況になったときに、非利き手..
  • 550 販売中 2010/11/22
  • 閲覧(19,684) 3
  • 心理学基礎実験 ミューラ・リヤーの錯視実験
  • 序論  我々は日常生活の中で「錯覚」という言葉をいろいろな意味に使用している。心理学での「錯覚」とは、外界の事物をその客観的性質に相応しないで知覚することを示す。  また、「錯視」とは目の錯覚のことで、対象(刺激)の大きさや形、色、明るさなどの関係が対象の客観的..
  • 550 販売中 2006/02/06
  • 閲覧(18,654) コメント(10) 1
  • 触2点閾レポート
  • はじめに ものさしや目盛は物質の量や長さを表すだけではなく、その測定の結果として、その物質の性質や価値をも表す価値判断の目安として社会的にも非常に馴染みのあるものである。例えば、Aという2ℓ入りの水と、Bという500ml入りの水があったとする。これを、少し喉が渇いたと..
  • 550 販売中 2008/01/28
  • 閲覧(18,367)
  • 系列位置効果
  • 自由再生法の課題を用いて、記憶における系列位置効果を確認する。系列位置効果とは、文脈を構成しないいくつかの単語の系列をひとつずつ順番に提示した直後に、それらの単語を思い出すままに再生させると、提示された順番によって単語の再生されやすさは異なるということである。..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(17,924) コメント(14)
  • 心理学実験レポート 概念学習
  • まず概念とは一体どういうものなのであろうか。概念(concept)とは、個々の事物・事象に共通する性質を抽象し、まとめあげることによって生活体内に作られる内的表現と定義される。また、ある基準によって、事物・事象を一つにまとめることをカテゴリー化という。  概念が成立する..
  • 660 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(16,994)
  • 心理学実験実習 要求水準のレポート
  • 1、目的 ?作業の成功・失敗は次の要求水準をどのように変化させるか。 ?作業の成功・失敗と満足感は一致するか。 ?要求水準のたて方に個人差が見られるか。 2、方法 <実験材料>内田・クレペリン精神検査用紙・ストップウォッチ <実験手続>はじめに課題の要領を会得させ..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(16,442) コメント(17)

資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告