全ての資料 / タグ / 心理学

資料:1,408件

  • 幾何学的錯視
  • 錯視が起こる原因は非常に多くの理論が呈示されている.しかし,未だに全ての錯視現象を説明できる統一的な説明理論はなく,この錯視の複雑さの現われともいえる.それらの理論のいくつかについてミュラー・リヤー自身の主線は,矢羽に囲まれた空間に同化するためとする合流説をはじめ,..
  • 550 販売中 2005/10/11
  • 閲覧(23,878) コメント(46) 2
  • 佛教大学 S0105教育心理学 試験6題x解答
  • 佛教大学通信教育課程 S0105教育心理学 試験対策 6題分の解答です。  教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。 少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行..
  • 550 販売中 2013/07/04
  • 閲覧(3,174)
  • 錯視実験のレポート
  • 1,目的  錯視とは、視覚による錯覚であり、対象物の大きさや形が実際とは違って知覚されることである。大きさの錯視の代表的なものに、ミュラー・リヤー錯視がある。ミュラー・リヤー錯視とは、実際には斜線の間の線分の長さは同じだが外向きの斜線に挟まれた場合は、内向きの斜..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(31,940) コメント(27)
  • 心理学基礎実験 ミューラ・リヤーの錯視実験
  • 序論  我々は日常生活の中で「錯覚」という言葉をいろいろな意味に使用している。心理学での「錯覚」とは、外界の事物をその客観的性質に相応しないで知覚することを示す。  また、「錯視」とは目の錯覚のことで、対象(刺激)の大きさや形、色、明るさなどの関係が対象の客観的..
  • 550 販売中 2006/02/06
  • 閲覧(16,968) コメント(10) 1
  • 触二点閾
  • ○目的 伝統的な閾の測定方法の一つである極限法を用いて、身体の異なる部位で触2点閾を測定し、身体の部位と測定方向によって閾値がどのように変化するかを検討する。更に、極限法(上下法)による閾の測定方法についても理解する。閾とは、光や音などの刺激の有無、同種刺激間の差..
  • 550 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(13,442) コメント(14)
  • 系列位置効果
  • 自由再生法の課題を用いて、記憶における系列位置効果を確認する。系列位置効果とは、文脈を構成しないいくつかの単語の系列をひとつずつ順番に提示した直後に、それらの単語を思い出すままに再生させると、提示された順番によって単語の再生されやすさは異なるということである。..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(16,924) コメント(14)
  • 心理学実験実習 要求水準のレポート
  • 1、目的 ?作業の成功・失敗は次の要求水準をどのように変化させるか。 ?作業の成功・失敗と満足感は一致するか。 ?要求水準のたて方に個人差が見られるか。 2、方法 <実験材料>内田・クレペリン精神検査用紙・ストップウォッチ <実験手続>はじめに課題の要領を会得させ..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(15,274) コメント(17)
  • 鏡映描写実験による知覚運動学習の効果
  • 要約  この実験の目的は、利き手ではなく逆の手で練習すると利き手も上手になるのか、また、逆の手でも効果があるとすれば利き手で練習し続けるのと同じくらい効果を持つのかということを調べることとした。そして「あ」と「る」の刺激図を用い、被験者8人に鏡映描写を使用してで..
  • 550 販売中 2005/11/10
  • 閲覧(13,505) コメント(19)
  • 触二点閾
  • 触二点閾  コンパスなど先の尖った物で皮膚の表面に触れる時、先端の2点の間隔がある程度以上に広ければ2点と感じられるが、間隔が狭いと1点のように感じられる。  この内、ふたつの刺激の強さや性質を区別し感じうる刺激差の最小の精度を指すものを弁別閾という。閾とは、光や音..
  • 550 販売中 2006/06/16
  • 閲覧(37,915) コメント(6)
  • 学習と記憶
  • 学習とは:広義には、認知・記憶・思考・情緒・動機などの精神活動における全ての獲得的側面。狭義には、経験によって生じる行動の永続的変容である(つまり、行動が変わるには学習をする事が必須と言える)。ただし、成熟・疲労・飽き とは区別される。  学習の課題:連合学習、..
  • 550 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(5,364) コメント(15)
  •   両側性転移
  • 目的  私たちは日常生活の中でさまざまな動作とスムーズに行っている。運動は,多くの場合,視覚的情報を適切に利用することによって遂行される。例えば本棚から本を取るとき,目を閉じて取りたい本を取ることができるだろうか?このことからわかるように本をとるためには手を目的..
  • 550 販売中 2006/07/09
  • 閲覧(42,496) コメント(8)

資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告