代表キーワード :: 観光

資料:14件

  • 【日大通信】交通論 分冊2【2019~2022年度】
  • 【日大通信】交通論 分冊2 課題2【2019~2022年度】 【問題】 21世紀は観光の世紀と言われて久しい。世界観光機関(UNTWO)が発表した2017年度の海外旅行者数は、13億人を突破した。2030年には、海外旅行者数が18億人を超えると予想されている。同時に海外旅行者数の増加に伴い、..
  • 550 販売中 2021/12/29
  • 閲覧(163)
  • 交通論 分冊2 日大通信 S30700
  • 日大通信「交通論・分冊2(S30700)」の合格レポートです。(平成27~29年) 設問 近年、地方都市を元気にする施策が求められているが、たとえば、地域外から観光客を誘引する観光まちづくりが全国的に推奨されるようになった。そのため、各地域の「こだわりの特産料理」「B級グ..
  • 1,100 販売中 2021/04/16
  • 閲覧(552)
  • 日大通信 交通論 分冊2
  • 【日大通信】交通論分冊②2019~2022のA判定合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。 丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。 ご使用は自己責任でお願いいたします.  【問題】 21世紀は観光の世紀と言われて久しい。世界観..
  • 770 販売中 2020/12/28
  • 閲覧(1,481)
  • 京都学「京都は多方面から見て魅力的なのか」
  • ◯ はじめに  このレポートは、古郷京都の文化財と京都御所、そして先端企業の3つの視点から、「京都学」の目的や意義を提案し、魅力に溢れた場所なのかを考えていく。また、説得力を生み出すために具合的な数字を上げる。  ◯ 目的  立命館大学に入学してくる学生の中に、「京..
  • 550 販売中 2018/07/26
  • 閲覧(1,687)
  • 日大通教 観光事業論 分冊1
  • 日大通教 観光事業論分冊1 平成29・30年度報告課題合格リポートです。 【課題】地方レベルの観光政策について論述しなさい。 【参考文献】「観光を切り口にした町おこし」(相模書房2013) 【評価】留萌市の観光政策について調べ、まとめている点については評価できること、通..
  • 1,100 販売中 2017/10/05
  • 閲覧(2,932)
  • 観光事業論 分冊2
  • 組織とは、何らかの事業計画を立て、秩序立てて事業活動を展開するために重要不可欠な戦略的かつ社会的存在であり、顧客との関係性を維持しようとする仕組みである。 観光事業の組織の場合、サービス業であり文化環境事業であるから、製造業のように極力効率的に生産性を高めるとい..
  • 550 販売中 2010/01/14
  • 閲覧(1,351)
  • 農村観光地
  • 農村観光地 都市ではない海や山、農村地域を舞台として展開される観光全体が農村観光(Rural Tourism)である。農村観光とGreen Tourismはかなり似ているのではないか。 Green Tourismは農村・漁村の自然的、社会文化的観光資源の重要性を認識し、その地域の観光魅力を開発し利用..
  • 2,200 販売中 2006/01/14
  • 閲覧(2,787)
  • 町並み観光
  • 町並み観光地 町並み保存は自分が生活している地域を見直し、そこから地域の特性を引き出し、これを広い未来的視野にたって伸ばし育てることである。 各地はそれぞれの個性があり、そこに歴史があり、多くの固有な地方文化を育ててきた。それがこれまでの中央省庁の行う都市建設..
  • 2,200 販売中 2006/01/14
  • 閲覧(1,763)
  • <聖><遊><俗>と観光の基本的課題
  • 「<X><Y><Z>と観光の基本的課題」に関して、韓国の社会環境の立場から理解したい。  一旦形成されたある民族の文化は、社会制度や経済構造がかわっても同一な自然環境の中同一な民族が支配する文化にある以上、その文化の原型は簡単に変わらない。 したがって、現代の韓国..
  • 550 販売中 2006/01/10
  • 閲覧(2,076) コメント(1)
  • 韓国の観光地落星垈(Naksungdae)について
  • 概要:落星垈(ナクソンデ)は、ソウル市冠岳(カンア)区鳳天洞(クボンチョンドウン)韓国の名門であるソウル大学の隣に位置しており、高麗時代の名将である仁憲(インホン)公(ゴン)姜邯賛(カンガンチャン)の出生地である。姜邯賛が生まれた日の夜、空から大きな星が落ちたことから..
  • 550 販売中 2006/01/10
  • 閲覧(1,868)
  • 私の中の熊野古道
  • 熊野古道の賑わいの記録としては、鎌倉初期の九条兼実の日記『玉葉』には「人まねのくまのもうで」(文治4年9月15日の条)とあるほか、時代降っては、小瀬甫庵の『太閤記』(1625年成立)巻二の冒頭部に「蟻之熊野参り」、江戸中期の谷川士清の辞書『和訓栞』(1777年..
  • 550 販売中 2005/10/21
  • 閲覧(1,450) コメント(1)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告