代表キーワード :: 西洋経済史

資料:8件

  • 西洋経済史 分冊2
  • 産業革命が進行すると、これにともなって経済恐慌が約10年の周期で発生した。イギリスでは1825年、最初の経済恐慌がおこり、1837年にイギリスとアメリカに経済恐慌がおこった。その後も世界的な規模で経済恐慌が発生したが、1920年までの経済恐慌と1929年の世界恐慌はかなり様子が..
  • 550 販売中 2010/07/05
  • 閲覧(659)
  • 西洋経済史 分冊1
  • 古代や中世から商人は活動していたがその当時はただ商品を販売していただけだった。中世後期になると、商業資本の役割が大きくなり商業資本が産業を支配し組織したという点で、従来の商人とは違った意味を持ってきた。そして、産業を支配し組織した商人は、問屋制手工業と呼ばれた..
  • 550 販売中 2010/07/05
  • 閲覧(1,019)
  • 【合格レポート】西洋経済史 分冊2 
  • 「1929年の世界恐慌へのアメリカ合衆国政府(フランクリン=ローズヴェルト政権)の政策的対応について説明しなさい。」  1929年の世界恐慌に対するアメリカ合衆国政府(ローズベルト政権)の政策的対応について説明する。  1929年10月、ニューヨーク株式取引所の大暴落によって世..
  • 550 販売中 2010/06/28
  • 閲覧(940)
  • 【合格レポート】西洋経済史 分冊1 
  • 「中世後期の問屋制手工業の仕組みを説明しなさい。」  中世後期の問屋制手工業の仕組みを説明する。  中世後期においては商業資本の役割が大きくなり、特にそれが産業の組織者になるという点に新しい性格を示しはじめた。商人は古代、中世から活動していたのではあるが、その時代..
  • 550 販売中 2010/05/18
  • 閲覧(2,839)
  • 西洋経済史ブックレポート
  • 資本主義以前の諸社会において、経済生活の土台は「共同体」Gemeindeである。また、資本主義社会の基礎範疇が「商品」であるのに対して、共同体的に編制された社会のそれは「土地」Grundeigentumである。(人間は生産活動の前提として「大地」Erdeの諸断片を占取するのであるが、そ..
  • 550 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(1,831) コメント(2)
  • 経済史総論
  • 封建制の中世ヨーロッパにおけるゲルマン的共同体の中で、農民はフーフェ(宅地・庭畑地)という形態をとり、一子相続制を適用していました。形式的な平等で土地が分けられるので、不作の土地に当たった人は自分の土地を改良するインセンティブが起こります。そのため農村工業が発..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(2,296) コメント(2)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告