代表キーワード :: 芸術学

資料:103件

  • 浮世絵の歴史
  • 浮世絵は庶民の風俗を捉えた絵画である。 その誕生は桃山初期、戦乱が終わり安定した 世の中へ移っていく時代である。それまでの 上から庶民を見下した形で描かれた風俗画と は違い、庶民の視点から描かれている。これ は、庶民でも生活を楽しむ余裕を持てる者が 増え、絵が娯楽の..
  • 550 販売中 2014/05/07
  • 閲覧(1,723)
  • 今日の美学に求められていること
  • これらの弊害と歪みは、“首尾一貫した”合理性の信仰という点で過去のそれとは根本的に異質なものである。例えば、科学還元主義的な立場に立脚する原子核物理学や分子生物学が、技術・経済・産業・医療などの分野へ経済優先の視点だけで安易に応用されると、地球環境と人類社会は..
  • 550 販売中 2013/04/17
  • 閲覧(1,441)
  • チャーリーチャップリン独裁者
  • 今回の課題ではチャールズ・チャップリンの『独裁者』について分析をしていきたい。 イギリス生まれで映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサーでもあるチャップリンが『独裁者』をアメリカで公開したのは1940年10月15日、前作『モダン・タイムス』公開の4年..
  • 550 販売中 2010/06/20
  • 閲覧(2,924)
  • “The Dream of the father of the piano”
  • Gravicembalo col piano e forte; this is the proper name of an instrument that is called piano today. Of course, there were the precursors to the piano. The representatives of those were the dulcimer, the clavichord, and the harpsichord. After they had invented..
  • 550 販売中 2009/11/06
  • 閲覧(699)
  • ルネサンス美術表現とその原因および結果
  • ルネサンスと中世の絵画の最大の違いは、人間と空間の扱い方である。中世では硬直した人間の姿が平面的に描かれていた。それがルネサンスに入り、ジョットが現れて、描かれる人物は彫像性を持ち人間らしい表現へと移行し、空間は奥行きを感じ取れる現実的なものとなった。このよう..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(3,965)
  • ピエタに描かれたベッリーニ
  • はじめに 多くの絵画の中から一つの絵画を選ぶにあたって、以前から興味があり、きちんと学びたいと思っていたキリストの死について描かれている宗教画を探した。これについての絵画はいくつかあったが、自分自身の中でもっとも興味を持っていたテーマが含まれている絵画を見つけ..
  • 550 販売中 2007/11/06
  • 閲覧(1,894)
  • モネ
  • 芸術学レポート課題  国立新美術館で現在開かれているモネの展覧会に行って来ました。入場までの長い列を抜けて展示場へ入ると、そこにはさらに多い人の群れと講義でとりあげられていたモネの絵の数々がありました。その中でもひときわ人々が注目していた作品がありました。 その絵..
  • 550 販売中 2007/07/29
  • 閲覧(1,395)
  • 自由の幻想とイデオロギー
  • 「自由の幻想」とイデオロギー 「自由」とは、他のものから拘束・支配を受けないで、そのもののあるがままにある事を言う。タイトルの「自由の幻想」とは、自由とは所詮幻想にすぎない、幻想の中でしか自由は成り立たない、自由とはありえないものだということを意味しているに違い..
  • 550 販売中 2007/07/21
  • 閲覧(900)
  • 私にとって「私」とは」
  • 私にとって「私」とは 「私」とはなんなのか? 私は何度かこのテーマを考えたことがある。普段の繰り返しの生活や些細なことで落ち込んだとき、私の存在を考え、自問自答する。そこには「問う私」と「問われる私」が存在する。「問う私」は「問われる私」に対し、質問を繰り返す。..
  • 550 販売中 2007/07/18
  • 閲覧(999)
  • 葛飾北斎と歌川広重
  • 歌川広重と葛飾北斎 小学生の時に 永谷園 のお茶づけ海苔に入っていたオマケ、歌川広重の<東海五十三次>を集めるのがきっかけで、美術にあまり縁のない僕でも広重の作品は鑑賞することがありました。そして、後期の授業を振り返って、広重とならんで浮世絵の巨頭として、その作品..
  • 550 販売中 2007/07/13
  • 閲覧(1,997)
  • 松林図屏風と狩野派
  • 松林図屏風と狩野派 前期授業の中で最も印象に残った作品、長谷川等伯の松林図屏風を取り上げようと思う。この作品は縦156.0・横347.0cmの紙本墨画で、六曲一双の屏風である。描かれたのは桃山時代・16世紀末で、作者は長谷川等伯。 桃山時代の絵画を代表するのは、狩野永徳を中..
  • 550 販売中 2007/07/13
  • 閲覧(1,656)
  • ローマの休日はなぜ現代においてなお愛され続けるのか
  • ローマの休日はなぜ現代においてなお愛されるのか いつの時代においても人々に愛されるものには共通点がある。それは、それが独自性と絶対性を持っているということである。そのどちらかが欠けていても普遍的に愛されるものは生まれ得ない。そういったものは、独自性と絶対性を持ち..
  • 550 販売中 2007/06/26
  • 閲覧(1,699)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告