代表キーワード :: 肯定説

資料:1件

  • 物権法
  • 物権行為独自肯定説と否定説について 1学説  (1)物権行為独自肯定説とは、売買契約において売買契約とは債権行為にすぎず所有権を移転する物権行為があってはじめて移転するとしていて物権行為の独自性を認めている。物権行為とは、登記の移転・代金の支払い・目的物の引き渡..
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(1,535) コメント(1)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告