代表キーワード :: 総合政策学

資料:53件

  • 政策評価について
  • (1)政策決定のプロセスの中で、評価の果たす役割 まず始めに、政策決定の過程における評価の果たしている役割について考える。公共的意思決定の目的は、適切な公共選択の実現にある。適切な公共選択とは、社会的厚生、つまり社会を構成しているあらゆる個々人の効用を最大化す..
  • 550 販売中 2008/10/27
  • 閲覧(951)
  • 政策における科学的問題解決アプローチ
  • ■ 定量的と定性的 定量的と定性的とはいったい何か?  ここでは、定量的と定性的の意味と自分の考える定量的と定性的を書きたいと思う。  定量的とは、対象の量的な側面に注目し、数値を用い、分析ができる。それに対して対象の質的側面に注目したのが定性的の概念であり数値は..
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(935)
  • 日本・フィリピン間のEPA/FTA交渉についての分析
  • 1EPA/FTAの意義 ①FTAとは? Free Trade Agreementの略。つまり自由貿易協定。2以上の国が関税の廃止や制度の調整等による相互の貿易促進を目的として他の国を排除する形で締結されるものであり、本来、WTO国待遇に反するものとされている。しかしながら、その貿易自由化効果ゆえ..
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(1,569)
  • フィリピンに対する日本の援助について
  • 基礎ゼミⅡ 課題レポート フィリピンに対する日本の援助について フィリピンは我が国の援助対象国のなかで、早くから長期にわたり大部分を占めてきた国の一つである。フィリピンにとって日本はさいだいの援助供与国であり、また、日本にとってフィリピンは最重点供与国のひとつであ..
  • 550 販売中 2007/08/20
  • 閲覧(832) コメント(1)
  • EUに学ぶ、今後の日本の環境政策
  • EUに学ぶ、今後の日本の環境政策              EUには多くの環境先進国といえる国がある。緑豊かなドイツ、福祉国家であるスウェーデンやヨーロッパの農場・フランス・・・様々な環境先進国が存在する。日本も江戸時代までさかのぼると、当時としては世界でも珍しいほど立派なエ..
  • 550 販売中 2007/03/20
  • 閲覧(1,006)
  • 「南北問題の現状」
  • 総合政策入門レポート ~国際政策の講義に関連して~「南北問題の現状」            ■はじめに  私が「南北問題」ときいて連想することは先進国と途上国の経済格差のことであり、先進国は北半球に多くあり途上国は南半球に多くある、ということである。しかしそれ以上のことに関..
  • 550 販売中 2007/02/07
  • 閲覧(18,109)
  • 地域社会の問題ーホームレス問題ー
  • 講義を通じて、国や行政の力が必要とされている部分が意外にも私の身近にも存在することがわかった。助けを必要としている人々のなかでも、ビデオで見た知的障害者や精神的に問題を抱えている人が同じ悩みを抱える者同士支え合って問題を克服して行こうとする姿が印象的だった。今..
  • 550 販売中 2007/02/04
  • 閲覧(1,866)
  • シンガポールの観光政策
  • シンガポールの観光政策―カジノ政策の可能性―            ごみのポイ捨て・つば吐き罰金、チューインガム禁止など、規制国家で知られるシンガポールで、先日国内二箇所でのカジノの建設が決まった。観光産業再建の目玉として注目されているが、国内には依然として反対の声もある..
  • 550 販売中 2007/02/04
  • 閲覧(3,105)
  • 日本とエネルギー問題
  • 日本は非常に天然資源の少ない国であると同時に、エネルギー消費量は世界第3位と、多くの資源が必要となる国でもある。そのため、エネルギーの大部分を外国からのものに依存しており、実に日本のおよそ83.6%ものエネルギーが海外からの供給によるものとなっている。日本の消..
  • 550 販売中 2007/02/04
  • 閲覧(2,355)
  • 環境報告書の考察〜中部電力:地球環境年報2004より〜
  • 環境報告書の考察~中部電力:地球環境年報2004より~ 1/なぜその企業を選んだのか?  毎日使用しているものである、現在の人間には必要不可欠なもの「電気」。もし仮に、今電気という存在自体が消滅したとしたら、地球全体が暗黒の世界に陥り、かつ社会や経済は全てストップし、..
  • 550 販売中 2007/01/27
  • 閲覧(1,180)
  • 日本の貿易自由化への道
  • 私は貿易自由化に反対である。しかし、ルールに基づく競争であれば反対はしない。  その理由というものは、まず、最近になって特に大きく取り上げられ、注目されている輸入品(食品、農産品など)の安全性がかなり不確かなことに関係している。これは、昨年から特に牛肉におけるB..
  • 550 販売中 2007/01/24
  • 閲覧(722)
  • 妊娠人工中絶の考え方
  • 人工妊娠中絶の考え方 生命倫理 はじめに  妊娠人工中絶について、日本では刑法によって禁止されている。しかし平成8年に制定された母体保護法によって母性の生命健康を保護することを目的として事実上、妊娠第21週目の終わりまで(22週未満)の中絶は当事者の同意があれば自由に行..
  • 550 販売中 2007/01/24
  • 閲覧(6,104)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告