代表キーワード :: 環境法

資料:8件

  • 環境法レポート
  • 環境法レポート  論題:「廃棄物問題とリサイクル」  第1 はじめに(廃棄物問題の現状)  1 高度経済成長期を経て、現代社会は、排出される廃棄物のことを考えずに商品を大量に 生産し、販売し、消費し、廃棄するといういわゆる大量生産社会となった。このような社 会システム..
  • 550 販売中 2008/01/21
  • 閲覧(3,279)
  • 環境侵害による民事賠償及び「民法通則」第124条への改正提案
  • 環境侵害による民事賠償及び 「民法通則」第124条への改正提案 一、はじめに  「世界の目が今、地球の未来に集まっている。人類を育んできた豊かな恵みのシステムが、人類自身の活動によって破壊されてしまうかもしれない。科学者たちの警告が、年とともに現実味を帯びてきた。」こ..
  • 550 販売中 2006/11/16
  • 閲覧(740)
  • 新潟空港事件最高裁判決における法学的論点
  • 新潟空港事件最高裁判決における法学的論点 1.事実の概要  運輸大臣Yは、1979年、日本航空に新潟―小松―ソウル間を路線とする定期航空運送事業免許を、また、全日本空輸に新潟―仙台間を路線とする定期航空運送事業免許を付与した。これに対し、新潟空港の周辺に居住し、騒音の..
  • 550 販売中 2006/06/09
  • 閲覧(2,852)
  • 環境法生成の時期区分について
  • 環境法生成時期は?公害・環境法生成期(明治期から戦後1960年代中頃)、?公害法体系形成期(1960年代から1970年代中頃)、?公害・環境法停滞期(1970年代中頃から1980年代末)、?環境法制確立期(1990年代以降)の4つに分けることができる。 以下、それぞれの時期区分について論じ..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,625) コメント(15)
  • 「環境権」についての考察
  • 1.環境権がはじめて提唱されたのは1960 年代後半のことで、「環境に関する市民の権利」として、アメリカミシガン大学のサックス教授によって提唱された。サックス教授は、環境権を市民が快適な環境を享受できる権利として位置づけるだけではなく、環境破壊のおそれがある場合には、..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(2,687) コメント(17)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告