代表キーワード :: 犯罪学

資料:19件

  • 犯罪原因論と犯罪者処遇の現在
  • 序  犯罪の原因は何かという問題は、古来、人々の関心の対象であったし、今日もそうである。われわれは、凶悪な犯罪が起きると、何とかその原因を知り、同種の犯罪を防止したいと思う。犯罪学においても、その誕生以来、関心の対象であり続けている。犯罪の原因についての見解には..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(2,794) コメント(15)
  • 犯罪学;犯罪の転移
  • まず犯罪のやりにくい場所になったとしても、犯罪自体は犯罪のやりやすい場所へと移動するに過ぎない(犯罪の転移)という問題がある。 次に、対象犯罪が財産犯のみに制約されるのではないかという問題がある。 さらに、環境犯罪学を徹底することで、かえって不便な社会になってし..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(989)
  • 犯罪学:ハイテク犯罪
  • ハイテク犯罪の問題の一つとして、インターネットとわいせつ(サイバーポルノ)の問題がある。刑法175条はわいせつ物頒布等の罪を定めている。判例は、わいせつ画像をプロバイダーを通じて配信した場合、わいせつ画像を記録してあるハードディスクは、アクセスすれば誰でもその..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(913)
  • 犯罪学;暴力団犯罪
  • 暴力団対策法はすべての暴力団を規制するものではなく、「指定暴力団」のみを規制する。 まず、一定の要件を満たす暴力団を「指定」する。そして、公安委員会が暴力団を「指定暴力団」に指定する。そして、指定暴力団の活動(民事介入暴力)を規制する。これは刑事法ではなく、行政..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,227)
  • 犯罪学:児童虐待
  • 日本では近年、児童虐待の相談件数が増加して社会問題化し、2000 年には児童虐待防止法が成立した。 児童相談所における相談件数(実質的には通報件数)は、年々明らかに増加し、10 年で20 倍以上になっている。ただし、これは本当に実体として激増したのかどうかについては、疑問で..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,025) コメント(1)
  • 犯罪学:犯罪予防の方法論
  • 状況的予防の手段として、まずCCTV(監視カメラ)が挙げられる。CCTVは私的統制、機器による監視という点に特徴がある。CCTVの機能としては、犯罪予防機能、犯人検挙機能、犯罪不安感減少機能の3 つが挙げられる。 CCTVを実践した例としては新宿歌舞伎町があるが..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(792)
  • 犯罪学:児童虐待の諸問題
  • 虐待の影響は個人のレベルに留まらない。虐待は連鎖するという問題がある。 これは、親から虐待を受けた子どもが仲間に対して非行を行い、その仲間がまた非行を行うというように非行が連鎖するというものである。 (補足:世代間の連鎖) また、世代間の連鎖という問題がある。これ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,083)
  • 犯罪学;児童虐待防止のために
  • 欧米では子どもを危険状態に置くこと自体が「虐待」とされる。したがって、真夏日に子どもを車の中で寝かせたままパチンコに行く行為などは、欧米では虐待になりうる。 また、児童虐待防止の理念として、欧米では「虐待経験者」の存在自体が「危険状態」であると考える。つまり、..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(994)
  • 犯罪学;交通犯罪の歴史
  • 交通犯罪者に対する対応としては刑事処分と行政処分がある。従来は刑事処分においては大半が罰金刑(略式)であり、行政処分については交通反則通告制度によって、刑罰の回避(非犯罪化)がなされていた。 このように、伝統型犯罪とは異なり一般的に寛容な扱いがなされていた理由は、..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,838) コメント(1)
  • 犯罪学;交通犯罪の特殊性
  • 交通犯罪は他の伝統型犯罪と比べて、以下の4つの点で異なる。  1つめに、過失犯が中心であることである。2つめに、加害者・被害者双方にとって悲劇であることである。3つめに、再犯の可能性が低いことである。4つめに、社会的被害が甚大であることである。 しかし、近年において..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(621)
  • 犯罪学:組織犯罪について
  • 組織犯罪はどの国にも存在するが、なぜ存在するのか。  組織犯罪の存在理由として、まず?法治主義と社会現実の乖離がある。紛争解決のために司法制度を利用する際、手続・費用の面で限界がある。そこで別の解決手段として組織を使うのである。  次に、?人間本能に根ざす快楽の社..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(667)
  • 犯罪学:犯罪学の展開
  • まず犯罪のやりにくい場所になったとしても、犯罪自体は犯罪のやりやすい場所へと移動するに過ぎない(犯罪の転移)という問題がある。 次に、対象犯罪が財産犯のみに制約されるのではないかという問題がある。  さらに、環境犯罪学を徹底することで、かえって不便な社会になってし..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(800)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告